G-Tune

斜面に空いた角穴

今回は、斜面に穴が空いている形状をテクニカルイラストで描いてみます。

テクニカルイラストで斜面に空いた角穴01



まず、X面の台形を描いていきます。



10mm楕円を左下の角に配置します。



90°方向に12.5mm、330°方向に15mm移動させます。



楕円の中心線(補助線)を引き、上下の交点から斜面への330°方向の直線を引きます。



不要部分を削除します。



Y面ですぐに描けるのは奥行方向の2本です。

中央の振り分け(Y面全体に中心線が入っていますので、上下左右の中心に角穴が空いていることになります)ですので、上側の角穴までの距離が6mm、下側の角穴の奥までが14mmと言うことになります。


マウスコンピューターmouseノート
マウスコンピューターDAIV



斜面の縦線方向はX面の斜面の線と同じ方向を向きますので、X面の線をコピーして使用します。

とりあえず長さが判りませんので、斜線を配置だけします。



高さ方向の位置ですが、アイソメ面のY面を作成して、そこから導き出します。

位置を現在のイラストの330°方向にあわせて作成します。



アイソメ面で作った角穴の位置を150°方向に投影し、斜面の縦線との交点が求める斜面上の位置になります。



不要部分を削除して調整します。



Y面の奥行方向を描き足します。



穴の奥行方向は、右下の角はそのまま150°方向の直線になります

楕円は6mm、30°方向にコピーして完成ですが、わかりにくいので破線で穴の形状を現しておきます。



3Dデータを使用しますと下図の部分に線が入りますが、実際の形状には線はありません。

3Dではこの線を「正接エッジ」などと呼び、面と面のつなぎには必ず現れてきます。

今回の場合は、楕円で表されるR面と角穴の平面との境目と言うことです。

テクニカルイラストで斜面に空いた角穴14



テクニカルイラストでは基本的にこの線は描きません。


では。

G-Tune