簡単なテクニカルイラスト01

今回は、以下の様な図面から立体図を描いてみます。

課題図面


こういう感じの図面ですと、”箱入り法”とか”箱詰め法”とか言われる考え方が良いと思います。

図面に描かれている大きさの最大の箱をまず描いてしまいます。

まず任意の点から”直線ツール”で20mm、330°方向に線を引きます。


次にこの直線の始点から真上方向に20mmの直線を引きます。



同様に続けてX面を描き上げます。


コピーするとかリフレクトするとか、または地道に1本づつ線を引くとかで、立方体を完成させます。

テクニカルイラストレーション 改訂版

新品価格
¥1,430から
(2020/7/14 09:49時点)

なぞってカンタン!立体スケッチ練習ノート

新品価格
¥1,980から
(2020/7/14 09:49時点)


この立方体のX,Y,Z面それぞれに、三面図のそれぞれの面を当てはめて描いていきます。

X面の上側の線の中央から右側の縦線の中央に”ペンツール”で直線を描きます。どちらも10mmですので中央です。


こんな感じになります。

Y面は左右の中央に直線を描きます。


このようになります。

Z面も同様に中央に直線を描きます。X面の奥側は前面と同じ形状ですのでコピーします。


あとは不要部分を削除して完成です。

テクニカルイラスト説明図8



いかがでしょうか。

では。