簡単なテクニカルイラスト06

今回は、以下の図面から立体図を描いてみましょう。


今までの課題が描けるのであれば、結構簡単なのではないかと思います。

テクニカルイラスト課題図



今回も”座標法”で描きます。

以下の様にY面を¥キー(直線ツール)で描いていきます。



X面の一部、わかりやすい所を描きます。



次に、Z面を描いてしまいましょう。



奥側も少し線が見えますね。



X面の奥側が斜めに飛び出しますが、下から描けば斜面はおのずと描けてしまいます。



この部分を奥にコピーし、Pキー(ペンツール)で線を補完して完成です。

テクニカルイラスト説明図06



では。