3Dからのテクニカルイラスト

近年、テクニカルイラスト作成に多く用いられている3Dデータ。

もちろん、3Dデータを利用するという事はテクニカルイラストを描いたことにはなりません。

しかし、現実として3Dデータを利用する事が頻繁に行われている以上、従来のテクニカルイラストレーターもこれに対応する必要があります。

どのようなイラストを作成するのに3Dデータを使用するかというと...
■パーツリスト(パーツカタログ)を制作するのに3Dデータを分解して線画を出力し利用する
■必要なシーンを3Dデータで作成し、そこから線画を出力して各種マニュアルのイラストとして利用する

もちろん出力したそのままの線画では利用できない事もあるため、CADやドローソフトで加工・編集する必要もあります。


ここでは、テクニカルイラストレーターとして有効に使用できるいくつかの3Dツールをご紹介していきたいと思います。

■XVL Studio
各種3DソフトのデータをXVLという形式のデータに変換し、軽量化した上でもdるをビューイング・イラスト作成・アニメーション作成などができるソフト。
■DesignSpark Mechanical
フリーソフトでありながら3Dモデリング・図面化・イラスト化ができる3DCAD。