テクニカルイラストレーターの!!!日々忘備録
テクニカルイラストレーターの!!!日々忘備録 > Illustratorでテクニカルイラストレーション(基本~実戦)
2019.5.30~

ゼロから始めるテクニカルイラストレーション
ゼロから始めるテクニカルイラストレーション
テクニカルイラストレーションをAdobe Illustratorを使用してゼロから学べる書籍です。本書で勉強すれば国家検定試験『テクニカルイラストレーション技能検定3級』を目指せる技術が身につきます。

『特許図面』こんな感じで描いちゃいますがいかがでしょう?
『特許図面』こんな感じで描いちゃいますがいかがでしょう?
Adobe Illustratorでの特許図面作成方法を紹介。
■Illustratorでテクニカルイラストレーション(基本~実戦)
※このページに直接いらっしゃった方は操作の方法やその意味等判らないことも多いと思います。
その場合、このコーナーの最初から読み進めることをお勧めします。最初のページはこちらです。
球を描いてみよう!
2020/01/04
今回は、下図の様な部品をテクニカルイラストで描いてみます。

■課題図PDFはこちら

まず、下の□20(カクニジュウ)を描きます。

今までの多くは正面図がX面でしたが、今回はY面ですのでご注意ください。

また、キューブと球がメインですので、1面図で表現されています。(図面省略のため、t=20で代用しました)

ここまで読み進んできた方なら簡単だと思いますのでキューブの解説は割愛します。


上面の中央を求めるため、¥キー(直線ツール)で対角線を引きます。


対角線が選択状態で、属性の”中心線を表示”をクリックします。

 

すると、下図の様に中心線中央に中心が表示されるようになります。


上の球の中心まで30mmですので、まず直径10mmの35°楕円を対角線の中心に配置します。


次に、楕円を150%に拡大コピーします。


直径10mmの楕円を30mm、90度方向へ移動させます。

 

上の楕円は直径5mmですので、コピーした10mm楕円を50%に縮小します。

また、不要ですので対角線を削除します。

 

2つの楕円で”共通接線”を実行します。


不要な接線を削除します。



上の楕円の中心に合わせて、直径12mmの球を配置します。

以前書きましたが、球もまた122%に拡大して使用します。


122%に拡大したと言うことは、中心に直径12mmの楕円がピッタリ入るはずです。

以下の様な感じです。

 

不要部分を削除します。


立方体は奥側の球のための対角線を描くので残しています。


立方体の対角線の中心ですので、手前の稜線に重なりますね。

その交点から23.5mmの補助線を描きます。

 

この先端に直径18mmの球を配置します。


再度対角線を稜線の交点から15mmの補助線を引きます。


この先端に直径6mmの35°楕円を配置します。


楕円の長軸側のアンカーポイントから210°方向へ円柱の稜線を描きます。


不要部分を削除して完成です。



いかがでしょうか。

球も122%拡大することを忘れないようにしてください。

では。